合鍵をつくろう|防犯性の高いディンプルキーの特徴

女の人

オシャレにもなる防犯用品

玉砂利

防犯グッズの1つに砂があるというのはご存知でしょうか。防犯砂利と呼ばれるもので、砂を踏むことで音がなり、それによって侵入したことを判断するためのものです。家に侵入する際は、いかに人にバレないように静かに歩くかということを気にかけているので防犯砂利が敷かれているだけで、効果があります。しかし、防犯砂利は通常の砂利とは違い、人工的に作られたものなのでそれなりの値段になります。そのため、敷地の広い家だと庭全体に敷き詰めるとなるとかなり高額になってしまいます。防犯砂利として売られてる砂は、ガラスを溶解し、それを発泡させた軽石になっているものがほとんどなので重量は軽いです。防犯砂利を敷く場合は、高さは3cmから4cmほど積み上げると効果的です。防犯砂利を敷く際に十分な高さが積み上がるまでは踏まないようにしましょう。人が踏んづけるとその踏んづけた周りが外に逃げてしまいます。そうなってくると、底面に敷いてある防犯シートが見えてしまいます。また、敷く前には雑草などは刈っておきましょう。雑草があると、石と石の間に入り込み、踏んづけた時の音が小さくなってしまいます。防犯砂利を敷く場合は、専門の業者もいるので時間の都合が取れない場合には依頼してみるのもよいかもしれません。
防犯砂利はカラーバリエーションも多く存在しています。そのため、家の雰囲気に合ったものを購入すると、防犯対策をしつつオシャレに魅せることもできます。また、庭の形状に防犯シートの加工が必要になることもあります。専門家に依頼すると、加工から敷き詰めまで全て行なってくれます。困った場合には専門家の業者に依頼するようにしましょう。ネットから電話での問い合わせ窓口も探せるので、活用してみるとよいかもしれません。