合鍵をつくろう|防犯性の高いディンプルキーの特徴

女の人

防犯用のカメラの種類

防犯カメラ

防犯用の用品として、防犯カメラと監視カメラがあります。これらの違いはなんでしょうか。どちらも犯罪対策として設置される点では違いはありませんが、他にも目的があります。防犯カメラは犯罪を抑止するために目立つように設置されます。防犯カメラがあるだけで意識的に周りを注意するようになります。防犯カメラは設置するだけではなく、もちろんカメラである以上は録画されますので、わざわざカメラに映るような場所で犯罪を犯すようなことはしません。場合によっては、ダミーを置いていることもあります。このように防犯カメラは設置するだけで防犯効果のあるカメラです。それに対し、監視カメラは犯人が犯行を犯したところの証拠をおさえるために設置するカメラです。そのため、防犯カメラとは対照的に見えにくいように設置されます。見せるためのカメラではないため、防犯カメラのようにダミーを設置することもありません。年々、カメラの性能が上がってきて、以前より更に人の顔をより鮮明に写すことができるようになっています。このように同じカメラでも防犯という目的では同じでも、設置する理由が違います。防犯カメラであれば、ダミーがあることや隠すようなカメラでないため監視カメラよりは安価で購入することが可能です。監視カメラは見つけづらいところから撮影するため、カメラの性能は高性能である必要があります。それによって、防犯カメラより高額なものになります。
こういったカメラは、家電量販店やホームセンターでも購入でき、インターネットなどからも購入することができます。性能はそれぞれ値段相応なので、お財布と相談して決めましょう。2つ設置することができるのであれば、防犯対策はバッチリです。